初めての大作

以前に変形20号のあじさいを描いたものの、ちゃんとした大きな作品はまだ描いたことがありませんでした。

葡萄を描こうと思い、近所の葡萄畑に行って、たまたまそこにいた園主の方にお願いして中に入れてもらい、たくさんの写真を撮ってきました。

家に帰って写真をもとにデッサンをして組み合わせて構図を決めていきます。
20号の大きさで書いてみました。

それを先生に見せて手直しの繰り返し。
最初20号で行くつもりでしたが、先生のアドバイスで20号を2枚、連作で書くことにしました。
これから半年以上、この作品に取り組んでいくこととなりました。



学校ではまた違うものに取り組みました。

これは友禅染のように、輪郭線を糸目糊というもので最初に書いてから色を塗っていくというもの。
初めての技法です。

糸目の書き方が細すぎて不完全らしくて、色がにじんでしまいました。