飛騨高山、白川郷、氷見の旅

またまた本当に久しぶりのブログ。

東京支部展が終わってから、すぐに本展の作品に取りかかり、結構家にこもって頑張っていましたが、本日やっと仮縁までとりつけて出品の準備が整いました。
第一美術の本展のお知らせは次回の日記でお知らせしますね。

今回は夫と二人で行ってきた飛騨高山から白川郷、氷見に抜けて日本海側を通って東京へと帰ってくるという車での旅のブログです。

ほとんど車を使わず、いつもバッテリーが怪しいうちの車ですが、久しぶりの遠出にびっくりしたことでしょう。
かなりの距離でしたが、夫が一人で運転。


さて、出発したのは4月30日の朝の7時チョイ前。
何回かお休みしたりしましたが、全く渋滞も無くお昼には飛騨高山に到着してました。

高速道路の充実ぶりにはびっくりです。
便利になって、日本も狭くなりましたね。 

高山の古い町並みはこの大混雑。さすがにゴールデンウィークです。

それでも高山は昔の街並みがずいぶん保存されていて、風情を感じます。一本道を外れるだけで、結構すいていて、ゆっくり見て回ることができました。

今回の旅は、東京ではすでに終わっていた桜を再びまたあちらこちらで見ることのできた旅になりました。

夜は飛騨牛の焼き肉。