エディンバラから羽田

最終日のブログ書き終わって、公開するボタンを押したとたんに、書いたものがすべて消えてしまい、心が折れてしばらくぐれてましたが、しょうがないから、また書き直しです。やれやれ。そんなこともありますよね。
 
さて7時にエアリンクのバスで出発。空港まで。
9時の飛行機の前にちょっと朝ごはん。
回転すしがありました。回ってませんでしたけどね。
外国で見る日本語は変なこと多いですね。
なんでだろ、わざと?調べれば簡単にわかりそうなもんですけどね。
 
 
f:id:megurukisetu:20141030085842j:plain
 
トムヤムクンスープをいただきました。
 
f:id:megurukisetu:20141030085909j:plain
 
ロンドンまでは1時間のフライト。
なのに、しっかり機内食が出ました。
 
この1時間のフライト、夫とは別の席になってしまい、隣はカリフォルニアからの年輩のご夫婦。
話しかけられて大慌てで、できるはずの簡単な会話もできませんでした。悲しい。最後だけ気を持ち直して、少しだけ話せてよかった・・・
 
さて、ロンドンでは羽田行の乗り換えの時間は1時間しかありません。
夫の交渉で出国審査を先にしてもらって、走りに走って、電車にも乗って、無事30分前に出発ゲートのところまで着きました。
なぜか手荷物検査もなかったんです。
ヒースロー空港で国内線から国際線への乗り換えに30分ってすごい!
本当はゆっくりして、買い物がたくさんしたかったんですけどね。ちょっとだけど執念で、免税店でお土産のお買い物もしましたが。
 
 
f:id:megurukisetu:20141030085944j:plain
 
機内では久しぶりの日本食?照り焼きチキン。甘かった。
 
 
f:id:megurukisetu:20141030090018j:plain
 
夫はこちら。
そのあとは簡単なスナックが1度出ただけ。
イギリス時間の胃袋になってる我々はおなかがすきました。
もう1度くらいちゃんとした食事出してほしかったな。
 
帰りはがっつり映画見ました。
日本語字幕で見たのは一つだけ。「Xmen past and future」
後は英語字幕で、「マレフィセント
Godzilla  2014」これにはジュリエット・ビノシュと「ブレイキング・バッド」という海外ドラマ(よく見てました)の主人公のおじさんが出てたのにびっくり。ゴジラ映画なのにゴジラがあまり出てこないのにもびっくり。
そのあと見たヴィゴ・モーテンセン主役の(大ファンなのです)「The two faces of January」、これは英語字幕では理解不能で、あきらめました。残念!
もう一つ執念で見た「BELLE」
これはとても良かったです。英語字幕でも何とか理解できました。
たぶんイギリスのBBCのドラマで、18世紀くらいのお話です。黒人と貴族の間に生まれた女の子のお話でした。
 
f:id:megurukisetu:20141030090036j:plain
 
我が家の猫ちゃんへのお土産はこれ。
すごくおいしかったみたいです。
 
長々と書いてきたスコットランドの旅、最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
今回の写真はすべてスマホで撮っものを利用したのでひどい出来でしたが、本当のスコットランドの感じはこんなものではありません。素晴らしかったです。
 
またいつか行けたらいいな~。