第88回 アカデミー賞 レオ様

昨晩NHKアカデミー賞の総集編みました。
去年はWOWOWで生放送で見たのですが、あまりの長さと同時通訳の鬱陶しさにへきえきして、今年からは止めました。
この総集編で充分ですね。
ただ、かなり放送が後なのだけ何とかしてほしいですけどね。

さて、今年の男優賞はあの、レオナルド・デカプリオがやっとやっととったという事で話題になってましたよね。
実は私も今年こそはレオ様に、と思ってました。

話せば長い事ながら、若い時は割と映画見てたものの、結婚して子育てしての長い間にすっかり映画から遠のいてました。
そんな時にふと見た一本の貸ビデオ。
それがあのタイタニックでした。

タイタニックでがっつりレオ様にやられた私は、それから猛然とレオ様の映画過去作探ししてみ始めました。

その中でジョニー・デップも知り、ジョニー・デップの過去作探しも始め、それがさらにどんどん作品の幅を広げ、いつしか毎日2本位のビデオを見る生活に。

見てない映画は無いくらいの勢いで映画見ました。

今はレオ様にもジョニデにもそんなに思い入れはなくなり、映画も本当に見たいものだけ見る感じになりましたが、やはり、私に再度映画の楽しさを教えてくれたレオ様は何となく気になる存在ではあったのです。

だから、ノミネートは何度もされてるし、アカデミー以外なら賞取ってるのも知ってるので、毎回又ダメだったかー、という思いでいました。

だから今年は本当に良かったな〜と言う母の心で喜んでいます。
おめでとう!
見に行かなきゃね、レヴェナント。

ちなみに今私が好きなのはベネディクト・カンバーバッチさんとユアン・マクレガーさんです。
ユアンはジョニデのすぐ後からすきになったので長いファンです。年取ってもかわいい。(*^_^*)