きっと星のせいじゃない

余命いくばくもない癌患者のティーンエイジャーのラブストーリー。

若いもん向けだよな〜と思いながらみ始めました。

結構面白くて一気に最後まで見たは見たのですが、ちょっと長かったな。
途中で私は少しだれました。

感動するには何かがあと1つたりなかった。
若くしてガンで死が近いというので、とても哲学的な考えになるのかな。
生きてる意味とか、死んでも人に忘れられたくないとか。
そこら辺が言葉ばかり多くて、も1つグッときませんでした。
色々と引っかかる所はたくさんあったのですがね。

もう若くない私は死に対する気持ちはかなり彼らとは違ってます。

やっぱりこの映画見るには年代が上すぎたかしら。