ぽわぽわ めぐる季節

生徒さんの作品

今年の5月から、月3回くらいで、染色を教えています。

 

自分もまだ染色教室に通う身で、本当に何も染色の技術を知らないのですが、今の私でできる事でいいからと言われて始めました。

 

7月一杯かかりましたが、素晴らしい作品が出来上がりました。

f:id:megurukisetu:20190801090652j:image

 

60センチ四方の、絹の白山紬で作ったスカーフです。

 

第1作なのにすごいと思います。

彼女は筆使いがとても上手なので、教えるのも楽でした。もともと、トールペイントの先生だし。

 

細部の写真もあげておきます。

 

真ん中

f:id:megurukisetu:20190801090732j:image

 

左下

f:id:megurukisetu:20190801090740j:image

右下

f:id:megurukisetu:20190801090815j:image

 

実は最初の段階で、大失敗をしてます。

私は最近フリクションペンを下書きにつかっているのですが、彼女にもそれを使ってもらっていました。フリクションペンは、熱で消えるので、ロウ入れの時には消えます。

ところが、彼女の私物のなまえを書いてもらった油性ペンをそのまま置いてたせいで間違えて油性ペンで下書きを何ヶ所か書いてしまいました。

 

これは、私もやったことのない失敗で、青ざめました。でも、出来上がりを見てもらってわかるように、ほとんどわからないくらいごまかせたと思います。彼女には申し訳なかったけれど、自分にはこれも大きな勉強でした。

 

左上

f:id:megurukisetu:20190801092338j:image

 

私が作ったスカーフをとても気に入ってくださって同じものを作りたいという熱意で、一作目から難しかったとおもいますが、とても素敵な作品が出来上がりました。ご自分のオリジナルでいくつか新しい花も入れておられます。

 

難しかったのが、染色の手順と、出来上がりが、普通の絵を描くのとは全くやり方が違うところ。

最後に出来上がるまで中々理解するのが大変だったと思います。

 

人に教えるなんてできるのかしらとおもってましたが、自分の勉強にもなるし、自分の作品作りのモチベーションもあがるし、本当に楽しかったです。

 

次はストールに挑戦です。

私も一回しかストール作った事ないので、一緒に試行錯誤して作っていくつもりです。

 

 

 

 

 

 

実家の片付け3回目の3日目

今日は東京に帰る日。

飛行機に乗る前の2時間半くらいが片付けのできる時間。

 

昨日と同じ引き出しの片付けの続き。

 

本棚の中もさらに引き抜いて。

 

昨日よりわずかですが増えました。

 

f:id:megurukisetu:20190630183840j:image

f:id:megurukisetu:20190630183912j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630183856j:image

 

これ以外に洋服関係の山が二つあるので、それらはゴミ袋6袋くらいになります。

 

次に来た時には食器に手をつけようかなと思ってます。

 

片付けは決して嫌いじゃないけど、ここまで大量で、無分別な部屋だとさすがにどっと疲れます。

 

とにかく気長に気長にやっていかねば!

 

 

実家の片付け3回目の2日目

今日も9:00前から片付けスタート。

1時間半ほどやってから、施設の父母に会いに行くために中断。

戻ってきて又再開しましたが、1時に家政婦さんが植木屋さんを連れて、庭の様子を見に来られました。

 

f:id:megurukisetu:20190630183039j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630183249j:image

 

 

シルバーさんと両方見積もり取ってもらって、どちらに頼むか決めようと思います。

 

シルバーさんが大きな木は無理とか言ってたので、今日来られた専門の方にお願いするかも。

 

f:id:megurukisetu:20190629223357j:image

完全に道路の方にはみ出てます。

 

この二人が帰られてからは一人黙々と片付け作業。

中々集中出来なくて、あちこちの引き出しの中身を空にしていく作業をしました。

 

f:id:megurukisetu:20190630182425j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182437j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182456j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182541j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182609j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182658j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182734j:image

 

 

引き出しの中身の片付けは、確実に片付いてはいってはいるものの、見た目はあまり変化なく辛い作業。

 

大量の香典袋やご祝儀袋、便箋、封筒、ポチ袋やらメモ帳やら、一箇所に集めてから残す分を残して捨てました。

 

f:id:megurukisetu:20190630182828j:image

 

f:id:megurukisetu:20190630182815j:image

 

 

今日は5:30までの作業。

引き出しの中の片付けは、大量の雑多な細かな物が家中あちこちに分散して適当に突っ込んであって、今回は本当に嫌になりました。

なんも考えずに分別もせずに捨てたくなりました。

その度に休憩してなんとか又気持ちを奮い立たせて再開して。

 

この先まだまだかかりそうです。

 

私の場合、とにかく捨てる判断をして集めておけば、後で家政婦さんがきちんとまとめて捨ててくださるのでまだマシだとは思うんですが、それでも大変です。

 

f:id:megurukisetu:20190629230009j:image

f:id:megurukisetu:20190629230013j:image

f:id:megurukisetu:20190629230032j:image

f:id:megurukisetu:20190629230049j:image

f:id:megurukisetu:20190629230105j:image

f:id:megurukisetu:20190629230125j:image

 

今回片付けで出たゴミの一部です。はぁ。

 

 

 

実家の片付け3回目の1日目

展覧会が終わったので、久しぶりに実家に来ました。

 

もう、誰もいない家なので、まずは窓を開けて風を通してから各部屋のエアコンで除湿をしていきました。

押し入れやクローゼットの扉を開け放して中の湿気をとります。でも、押し入れはカビ臭い。

 

それから、あちこちの水道を流します。

トイレに入ったらいきなり電気が切れました。

 

これから色んな電化製品とかも、使ってないから壊れていくのかな。

 

今回はあちこちの部屋にある本を集めました。

病気だった兄のためなのか、カロリーとか、腎臓食とか、そういう本多かったですね。

まだ読んでなさそうな本も結構ありました。

これらは家政婦さんの近くの古本を引き取ってくれるところへ。

 

f:id:megurukisetu:20190629221336j:image

 

空き家管理をしてもらってる家政婦さん2人が後から来られて、これからの片付けの打ち合わせ。私が居なくてもやってもらう事を伝えました。

 

メインの台所は既に終わってますが、ここにはもう一つキッチンがあります。ミニキッチンじゃなくて普通に大きいキッチンです。

 

f:id:megurukisetu:20190629221412j:image

 

f:id:megurukisetu:20190629221432j:image

 

なぜ二つもキッチンを作ったのか、さっぱりわかりませんが、不必要だったのは間違いないです。全く使ってなかったので、ただの物置場となってました。

 

でも、ここは全く使ってなかったのであまり物も無いので簡単に片付くでしょう。

 

押し入れの布団、ここのは本当に開かずの押し入れでした。押し入れの前に物が積み重なってたのでどかして、中身はぜんぶ捨ててもらうことにしました。

 

f:id:megurukisetu:20190629221531j:image

 

 

 

それからクローゼット。

まだかかってる服には手をつけません。

下の方にぐしゃぐしゃになってる物を今回は片付けました。父のと母の。

 

f:id:megurukisetu:20190629221601j:image

 

f:id:megurukisetu:20190629221624j:image

 

ここから出たゴミはこの山。

 

f:id:megurukisetu:20190629221957j:image

 

でも、上に掛かってる服は手付かずなのであまり変化なし。

 

f:id:megurukisetu:20190629222105j:image

 

f:id:megurukisetu:20190629222123j:image

 

それでも衣装ケースの中は空っぽになりました。

 

昔洋裁をしてた母なので、生地が山のようにあります。あまりに勿体無いので、未使用のものはネットで探してどこかに引き取ってもらおうと思います。

ものすごい数過ぎて、今回は断念しました。

とりあえず一箇所に集めるだけ集めておきました。

 

f:id:megurukisetu:20190629221648j:image

 

 

 

そして兄のクローゼットは、とにかく故人のものなので、全て処分です。

立派なスーツとかも、とにかく全部。

母には見せれないですね。

 

f:id:megurukisetu:20190629222329j:image

 

f:id:megurukisetu:20190629222408j:image

片付け前と後、そして処分品の山

 

f:id:megurukisetu:20190629221711j:image

 

庭木が茂りに茂ってたので、家政婦さんとその打ち合わせも。

大きい木はシルバーさんに頼むことになって、見積もりを取ってもらいました。

人は住んでなくとも、木は枯れもせず、元気一杯。

道路にはみ出てるものは早急に切ってもらわねばなりません。

 

f:id:megurukisetu:20190629221735j:image

 

f:id:megurukisetu:20190629221809j:image

 

 

本当にやる事いっぱいです。

 

家政婦さんが帰られてからも一人で片付けましたが、集中力が切れて、きょうは9:00から5:00くらいまでやりました。

第一美術90回展出品作

展覧会終わりました。

今回、本当にたくさんの方に来ていただきました。ありがとうございました。

 

今回の作品はこれです。

 

f:id:megurukisetu:20190629225010j:image

 

 

 

今までとは違う作品だったので、賛否両論でした。

気がつかないで通り過ぎて又戻ってきた方もいたみたい。

 

前の作風が好きだという方も、今回のこれが好きだという方も。

どちらも私の物なので、これからも色々描いていこうと思ってます。

第90回 第1美術展のお知らせ

今年も国立新美術館で行われる第1美術展に出品します。

 

いつもとちょっと違う作品になってます。

いつも苦しい作品制作ですが、今回はとても楽しく描くことができました。

 

たくさんの方に見ていただきたいです。

 

f:id:megurukisetu:20190517103821j:image

実家の片付け2回目の3日目

今日は自宅に戻る日です。

 

飛行機に乗る前に施設に入ってる両親にも会いたいので、朝早くから片付けの時間は4時間くらい。

 

せわしないので、片付けというより、同じ種類のものを集めて、量の把握をする事にしました。

 

服や食器以外に沢山あるなぁーと思ったのは文房具やら、バックやら。これは自分自身も多いと思ってるので、人の事言えないんですけど。

 

全部じゃないけど、ざっと集めたものがこれくらい。

 

書くもの。

 

f:id:megurukisetu:20190427172617j:image

紐やガムテープ、セロハンテープ


f:id:megurukisetu:20190427172631j:image

 

あちこちから少しずつ出てきたのがマスク。ほこりかぶった外側のビニール袋から出して箱に入れました。


f:id:megurukisetu:20190427172635j:image

 

父と母のバッグ。これは多分10分の1くらいで、これからまだまだ出てきそう。

 

簡単には捨てれないメモ類やノート類、手紙。

 


f:id:megurukisetu:20190427172623j:image

 

どんどん出てきたのがマッチ。お仏壇のロウソクに火をつけるくらいしか使わないのに。

5コだけ残してお隣さんにあげました。


f:id:megurukisetu:20190427172620j:image

 

母の化粧品も少しずつ手をつけましたが、ここまで使っていても捨てなかった母の節約精神にびっくり。口紅ここまで使う事なんて出来るんだ!


f:id:megurukisetu:20190427172628j:image

 

今日はここまでです。

今回のものは本当に一部なのでこれから文具にしろ何にしろ沢山出てきそう。

とにかく大体の量を把握できたら、必要最小限まで減らしていきます。

 

今回は頑張ったなぁ。疲れ出さなさないようにしなきゃ。